SENKIN SAWARA

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年冬から春にかけて鰯追いかけて鳥山作り、キャスティングで狙える最高のターゲット。
釣って良し、食べて良し、釣らないわけには行きません。
ミノーイングで狙いたい。
その鰆を本気で狙う為に船長自ら本気で作った竿。
お客様の竿を見ていると、シーバス陸っぱり竿、シイラ竿、はたまた鮪竿。
シーバス竿ではキャスティングは問題有りませんが、鰆の4キロ、5キロと大型になると船上だとパワー不足。
シイラロッドだと早いナブラではロングキャストが必要不可欠なのとミノーイングに適していない。
鮪ロッドは強すぎで、軽量のミノーをロングキャスト出来ないし、PE2号がメインなのでバランスが非常に良くないのと
魚とのやりとりが楽しめない。

探すと意外に無い。
自身が使うロッドが無かったのとお客様から要望が有った為に制作に入りました。

足の速いナブラには必要不可欠なロングキャストと船のミヨシでのキャストを考慮して長さ810。
30~50gのミノーを引く為にティップを入れてあり、ミノーの動きを妨げること無く本来のミノーイングを可能にします。
ティップが固いハリのあり過ぎるロッドだとミノーが暴れ過ぎてしまいます。
勿論バットパワーにはこだわりを持ち、掛けてから早く寄せられる為にやや強めにしています。
鰆ロッドですが、ワラサ、鰹などに非常に適したロッドにも仕上がっています。
ワラサ&鰹にはシンペン、ジグの遠投!

PE2号設定のロッドにしてはやや大型のガイド設定にしてあります。
シーバス竿に見られる小径ガイド設定では船上ではキャスト時に起きる糸絡みが多く、キャスト時の高切れを防ぐ為にこの設定にしました。
ナブラに遅れない、ナブラに投げられる設定です。

ロッドスペック SAWARA810 適合リール SHIMANO 4000~6000番 Daiwa 4000~5000番 使用ライン(推奨)PE1.5号~2.5号
英盛丸船長 菊地雅志

英盛丸船長からロッド製作コンセプトを頂きました。

 

 

製作ヒストリー

ブランク作り
船上での長距離キャストイメージし、ブランク作りを開始しました。
揺れている地面でのキャスト、ここからスリーアクションのテーパーの必要性を感じ、ある程度ベントするベリー・強靭なバット・しなやかなティップ、この運動性能を充分発揮できる継ぎ方、ワン&ハーフのスピゴットフェルールへたどり着きました。

パーツ
イメージしたのは「投げ竿」の分類でもスポーツキャスティング、細いラインでのキャスト、このブランクには少々フロントヘビーのガイド達だが理想を超える結果が出た。
キャストを繰り返す使い方なので内部パーツにも強靭なパーツを採用しハードな使い方にも耐えられるパーツを使用しております。
EVAパーツもフリーハンドで一から削り出し量産化しました。

施工方法
このロッドで一番悩んだポイントがガイド位置。
9Fを少し切るレングスにスポーツキャスティングのイメージを詰め込める。
ストレス無くラインが放出し、尚且つ絡まない。
理想と現実を繋ぐ【ディスタンス】がこのロッドのキーポイントでした。シェイクダウンの結果、理想の位置に落ち着きました。

製作者 坂田

 

 

 

品番 全長
(cm )
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
適合ルアー
(g)
適合PE
(号)
カーボン
含有率(%)
販売価格
(円)
商品コード
 SS810  2660 2 157.5  320  2.4 12.8 30-60 1.5-2.5 100 39800 457142622030